お金借りる 審査

お金を借りるときの審査内容をチェック

MENU
キャッシングの時に心配なのはやっぱり審査内容です!

キャッシング審査を通過させるために

キャッシング審査なんてある程度の定期的な収入さえあれば、簡単に通過できると思ってしまいそうですが、キャッシングの審査には収入以外の部分も関係してきます。

 

ネットが便利な消費者金融の審査
http://www.watchoutforwildlife.org/murisoku.html

 

キャッシングに有利な順番とは?

 

キャッシング審査は年収の他に多くのチェック項目を設けており、その方法は「与信スコアリングシステム」と呼ばれ、職業や年齢などの個人の属性を点数化し融資の有無を決めていきます。

 

勤務先で一番借り入れが有利になるのが、簡単にリストラや首にならない公務員、次いで大手企業勤務の方、中小企業・自営業者・派遣社員や契約社員・パート・アルバイトと続きますが。無職の場合にはまず審査を通過することはできません。

 

借り入れには年収が高いほど、貸し出し額も高くはなりますが、もうすでに他の会社で借り入れをしている場合には、貸金業法により総重量規制の対象になりますので、年収の3分の1までしか借り入れることができなくなっています。

 

住居形態も借り入に関係してくる

 

借り入れをする場合、借り入れる本人名義の持ち家がある場合には、かなり有利になりますが、これは貸し倒れを防ぐためで、自分以外の名義や賃貸の場合でも、住居年数が長い方が有利になります。

 

過去にキャッシングしたことがある方が有利に?

 

過去に他のキャッシング会社を利用していても、きちんと返済をし続けている方の方が、初めてキャッシングをする方よりも、新規での借り入れが有利になります。ですが、多数の会社から限度額一杯に借りている場合には、審査には通りにくい可能性もありますので注意しましょう。

キャッシングの限度額について

日々生活をしていると、どうしてもお金が足りなくなってしまうこともあります。例えば給料日前の数日間を暮らすためのお金が必要だったり、旅行先でお金が足りなくなって1、2万円必要になったりするケースです。

 

そのような緊急の時に便利に利用できるのがキャッシングです。キャッシングのカードを所有していれば、コンビ二でもお金を借りることができるので安心です。しかし、キャッシングには審査があるので申し込んでも審査を通過しないかもしれないと思っている方もいます。けれども、限度額を50万円以内にしておくことで比較的審査に通りやすくなります。50万円以内なら専業主婦の方でもカードを作ることができるのです。

 

実際に50万円以上を日常の生活で必要になることはそれほどないので、限度額の希望を低くすることをおすすめします。これくらいの限度額なら所得証明書も必要ないので、気軽に申し込みができます。キャッシングのカードは一枚持っておくといざというときに役に立つのでまだ持っていない方は利用の検討をするとよいでしょう。